CDR認定制度について

●対象者

  • CDR認定の対象者は次の通りです。
  • 1)一般社団法人日本不整脈デバイス工業会に加盟している会員企業の勤務者
  • 2)日本医療機器販売業協会の循環器研究会に加盟している企業の勤務者
  • 3)医療機関に勤務する国家医療有資格者(医師、臨床工学技士、臨床検査技師、看護師、准看護師)
  • ●IBHRE(International Board of Heart Rhythm Examiners)JAPAN受験資格

  • 上記の1)、2)に該当する方は、日本CDR センターの主催する『業界指定講習会』の受講が義務付 けられています※「講習会」の内容は、
  • @CDR 基礎スキル講座(関連法規・臨床工学・医療倫理など)と
  • ACDR スキル講座(ペースメーカ・ICDの基礎知識とケーススタディー等)を2 日間にわたって受講します。
    尚、3)の国家医療有資格者の方は、受講の義務はありませんが、任意で受講することは可能です。
  • ●『IBHRE検定試験』の受験

  • 次に『IBHRE(JAPAN)検定試験』を受験します。
  • ※再受験を希望される方は、再度「業界指定講習会」を受講する必要があります。
  • IBHRE検定試験は、不整脈関連のデバイス治療に必要とされるスキルを検定するもので、IBHRE 試 験作成委員会には本邦からも日本不整脈心電学会が参画しています。本邦で実施される検定試験は、日 本不整脈学会の委員の先生方により、本邦の実情に即した設問の選定と和訳がなされ、日本語で行 われます。IBHRE検定試験の合格者は、米国・IBHRE のホームページに掲載され、IBHRE/CCDS 認定証が送 付されます。
  • ●『CDR認定』を受けるには

    IBHRE検定試験に合格した方は所定の手続きを経たのち、一般社団法人日本不整脈心電学会によ り認定されます。下記の1)〜4)を添えて、日本不整脈心電学会事務局に提出します。確認後、「CDR 認定」の証明証が発行されます。CDR 認定取得者は日本不整脈心電学会のホームページに掲載されます。

  • 1)CDR申請書(日本不整脈心電学会会員であることが必要)
  • 2)日本CDR センター主催の『業界指定講習』の“受講証明証”の写し
  • 3)IBHRE検定試験の“合格認定証”の写し
  • 4)次のいずれかのセミナーの“受講履修証”の写し
  •  (1)日本不整脈心電学会主催の「心臓ペースメーカ技士養成のためのセミナー」の履修証
  •  (2)日本臨床工学技士会主催の「不整脈治療関連指定講習会(旧:ペースメーカ関連業務修得セミナー)」の履修証
  •   上記(1)(2)のセミナー受講は、IBHRE 検定試験受験の前後を問いませんが、履修証が必要となります。
       各々の有効期間 は5 年間となります。
  •     注:日本不整脈心電学会ホームページの申請手続きを参照 http://new.jhrs.or.jp/recognition/cdr-recognition/application/cdr-new/
  • ●CDR認定の『有効期間』

    CDR認定の有効期間は、デバイスの進歩のスピードに合わせて次のように定めています。   CDR認定の有効期間は5 年間で、5 年目に日本CDR センター主催の「業界指定講習会」(必須)と「心 臓ペースメーカ技士養成のためのセミナー」(日本不整脈心電学会主催)、または「不整脈治療関連指定講習会 (旧:ペースメーカ関連業務修得セミナー)」(日本臨床工学技士会主催)のいずれかの受講が必須です。   5 年目に上記の受講証明証と必要書類を日本不整脈心電学会事務局に提出して、更新手続きを行う必要が あります。なお、IBHRE 検定試験合格証の有効期間は10 年間ですので、CDR 再認定の有効期限は IBHREの有効期間内となります。

    ●CDR認定までの流れ

    ●CDR認定登録申請遅延者の方へ

    コチラをご確認ください。