日本CDRセンターは、植込みデバイスに関わる情報提供担当者の質的向上を目的としたCDR(Cardiac Device Representatives)認定制度の確立及び制度運営維持の支援機関です。

【重要】業界指定講習会及びCDR認定の有効期間について

    業界指定講習会受講証(受講票)の有効期限については、CDR認定有効期間(5年間)に合わせて設定されております。従いまして、受講後の翌年に実施されるIBHRE(CCDS)認定を受けた翌年度より丸5年間となります。


    例えば、2007年度に実施された第1回目の講習会を受講し翌年の2008年度のIBHRE試験に合格認定され同年にCDR認定を取得された方のCDR認定有効期間は、2009年1月1日を起算として2013年12月31日迄の5年間となります。業界指定講習会受講証(受講票)の有効期間もこれにリンケージされて設定されております(下記上段表参照)。

    当該受講証(受講票)の有効期間内において再受験される場合は、第1日目の受講は免除されます。例えば、2008年度に実施された第2回目の講習会を受講しIBHRE試験の再受験を志望される場合は、2014年度の第7回IBHRE試験の受験まで第1日目の受講が免除されます。しかしながら、2015年度の第8回IBHRE試験を受験するには2014年度の業界指定講習会を第1日目、第2日目共に受講する必要があります(下記下段表参照)。ご不明な点があれば、事務局までお問い合わせください。

CDR認定有効期間及び更新受講の受講年度について

業界指定講習会新規受講 IBHRE(CCDS)/
CDR認定年度
CDR認定有効期間受講証の有効期間 業界指定講習会更新受講年度 IBHRE更新認定年度
第1回
合格者
2007年 2008年 2009年1月1日~
2013年12月31日迄
2013年 2018年
第2回
合格者
2008年 2009年 2010年1月1日~
2014年12月31日迄
2014年 2019年
第3回
合格者
2009年 2010年 2011年1月1日~
2015年12月31日迄
2015年 2020年
第4回
合格者
2010年 2011年 2012年1月1日~
2016年12月31日迄
2016年 2021年
第5回
合格者
2011年 2012年 2013年1月1日~
2017年12月31日迄
2017年 2022年
第6回
合格者
2012年 2013年 2014年1月1日~
2018年12月31日迄
2018年 2023年
第7回
合格者
2013年 2014年 2015年1月1日~
2019年12月31日迄
2019年 2024年
第8回
合格者
2014年 2015年 2016年1月1日~
2020年12月31日迄
2020年 2025年
第9回
合格者
2015年 2016年 2017年1月1日~
2021年12月31日迄
2021年 2026年

CDR認定までの流れ

第1日目受講免除期間について

            

業界指定講習会新規受講

受講証の有効期間

第1日目受講免除期間

第1回受講者

2007年

2009年1月1日~
2014年12月31日迄

第6回IBHRE検定試験
(2014年)迄

第2回受講者

2008年

2010年1月1日~
2014年度12月31日迄

第7回IBHRE検定試験
(2014年)迄

第3回受講者

2009年

2011年1月1日~
2015年度12月31日迄

第8回IBHRE検定試験
(2015年)迄

第4回受講者

2010年

2012年1月1日~
2016年12月31日迄

第9回IBHRE検定試験
(2016年)迄

第5回受講者

2011年

2014年1月1日~
2017年12月31日迄

第10回IBHRE検定試験
(2017年)迄

第6回受講者

2012年

2014年1月1日~
2018年12月31日迄

第11回IBHRE検定試験
(2018年)迄

第7回受講者

2014年

2015年1月1日~
2019年度12月31日迄

第12回IBHRE検定試験
(2019年)迄

第8回受講者

2014年

2016年1月1日~
2020年度12月31日迄

第14回IBHRE検定試験
(2020年)迄

第9回受講者

2015年

2017年1月1日~
2021年度12月31日迄

第14回IBHRE検定試験
(2021年)迄

CDR認定までの流れ

    日本CDRセンター

    〒113-0033
    東京都文京区本郷3-25-4